ライズトロンEX

RISETRON EX

超短波が身体に温熱効果をもたらします。

超短波は身体の芯から暖める方法です。カイロなどの皮膚を通して熱が誘導する暖め方は、身体の表面はすぐ温かくなりますが、身体の芯まで暖めることは難しく、持続性もありません。ですが、超短波であれば、より身体の深部まで暖め、その効果を長く得ることができます。

製品特徴

芯からの温熱治療 超短波治療器

超短波は組織に対して1秒間に2,700万回の振動を起こす高周波です。超短波が組織を通過する時に、細胞同士を振動させ摩擦熱を発生させることで、身体の深部(筋肉)を温めています。ライズトロンEXでは、医療目的で使われる周波数のうち、27.12MHzを採用しています。

プローブが決め手!! “つらい”と感じた時すぐ使えます。

プローブタイプだから装着の手間なし

プローブ方式で温めるので機械を装着する手間がありません。つらいと感じた時にボタンを押してすぐに施術を開始できるというお手軽さがポイントです。

気になる所へ自在に

プローブを気になるところにあてて、しかもぐりぐり押しながら、さすりながら温めることができます。背中や肩など手の届きにくい所も楽に施術することができます。

簡単操作、メッセージ表示

電源ボタン、スタートボタンを押すだけで簡単に施術ができます。やけど防止のために、本体液晶画面にメッセージを表示して注意喚起を行います。

ライズトロンEXは、こんな症状にお使いください。

温熱効果




○疲労回復 ○血行をよくする ○筋肉の疲れをとる
○筋肉のこりをほぐす ○神経痛、筋肉痛の痛みの緩解
○胃腸の働きを活発にする

本体仕様

販売名 ライズトロンEX
医療機器認証番号 224AFBZX00134000
一般的名称 家庭用超短波治療器
医療機器の分類 管理医療機器
電撃に対する保護の形式 クラスll
定格電圧及び周波数 AC100V 50/60Hz
電源入力 50W
寸法 220W×175D×93H(mm)
重量 1.5kg±10%
医療機器添付文書 ダウンロード

超短波仕様

超短波出力 20W
発振周波数 27.12MHz
治療タイマー 1~60分
出力チャンネル数 1
安全装置 スタート/ストップスイッチ
電源ヒューズ 4A