事業紹介

事業紹介

EMC試験部門

業務内容
CISPR(国際無線障害特別委員会)等の規格に応じた電界強度測定、電源ポート伝導妨害波測定サービスの実施

スーパーテクトロンHP200
業務案内
 当社は、EMC規格の法制化に備えて2005年2月にEMC試験設備を佐渡EMCセンター内に完成させ、このほど、FCC(米国連邦通信委員会)に測定設備の登録申請をしました。また、VCCI(情報処理装置等電波障害自主規制協議会)には設備登録済みです。
 寸法が17.5m×22m、測定距離3m・10m、アンテナ高さ1m〜4m、ターンテーブル寸法/耐荷重 直径2m/500kg、電源0〜260V、 30Aと本格的な試験設備です。CISPR(国際無線障害特別委員会)等の規格に応じた電界強度測定と電源ポート伝導妨害波測定が可能です。
 また、電波暗室などの設備機器では、静電気放電試験、電気的ファストトランジェント/バースト試験、サージ試験、放射無線周波電磁界試験を行うことができるため、医療機器製造販売承認/認証申請に必要なEMC試験の全てを自社内で行うことが可能となりました。
測定施設概要
施設名称
佐渡オープンサイト 測定方法 3m/10m法 扉寸法 200cm×150cm
ターンテーブル Φ2m 500kg
電源容量 単相:0〜240V:30A
三相:

 

施設名称
佐渡電波暗室 部屋寸法 3m/10m法 扉寸法 200cm×100cm
ターンテーブル Φ2m 500kg
電源容量 単相:0〜240V:30A
三相:

 

試験項目

・電界強度測定
・電源ポート伝導妨害波測定
・静電気放電試験
・電気的ファストトランジェント/バースト試験
・サージ試験
・放射無線周波電磁界試験

問合せ先:お問合せフォーム

 

MAP
マップ

登録証
登録証
登録証